体型に悩む女性の心強い味方|脂肪吸引ならノーリスク

90%も脂肪が取れる

ドクター

最新の脂肪吸引として注目されているのが、ベイザー脂肪吸引です。ベイザー波という波動を照射して脂肪を遊離・溶解するので、今まで取れにくかった部位の脂肪除去が容易にできるようになりましたが、施術をしてもらう時は、カウンセリングの内容とドクターの腕、アフターケアなどをしっかり確かめましょう。

詳細を確認する

脂肪を撃退できるのか

腹囲計測

多くの人がダイエットを決意するポイントとなるおなか周りの贅肉で、本来であれば運動や食事制限が必要になるケースです。ですが、病院で受ける脂肪吸引の治療であれば手っ取り早く、理想の体型に近づくことができます。

詳細を確認する

腕のスリムアップ

レディ

脂肪が付きやすい場所

体内に取り込まれた余分な栄養は脂肪細胞によって蓄えられますが、その際に脂肪細胞は膨れて体積を増やすことになります。脂肪細胞のうち皮下脂肪が膨れ上がることで、太ったように見え美容を損ねる原因にもあります。一方で脂肪は身体の中でも付きやすい場所とそうでない場所があります。もっとも付きやすい場所としてわかりやすいのがお腹です。太ったといえばお腹が出てきたことを指すケースもあります。ついで脂肪が付きやすいのが太ももや二の腕になります。脂肪が付きやすい場所は普段からあまり動かす必要のない場所が中心であり、そのため一度付いてしまうと何らかの努力をしないと解消しない傾向にあります。特に二の腕の場合には一度付くと解消させるのが難しいとされます。付いてしまった脂肪を減らすためには運動によって燃焼させることが重要です。食事制限だけのダイエットでは栄養素が吸収されやすい脂肪から消費されていくため、お腹、太もも、二の腕の脂肪は最後に消費され効率が悪くなりますし、筋肉による引き締めのないまま痩せてしまうため見た目が悪くなります。また脂肪は筋肉が動くことによって消費されやすくなりますが、この中でも二の腕には筋肉が少ないためお腹や太ももよりも脂肪が消費されにくい傾向にあります。このためスリムなボディラインを保つためには予防的に脂肪を付けないことが重要になってきますが、まったく脂肪を付けないというのも無理があり、その点でどうしても太りやすい人とそうでない人というのが現れてきます。

脂肪細胞を除去する

一度太ってしまった場所を痩せさせるには相応の努力が必要になります。基本的にスリムアップするには筋肉を鍛えることやエステなどでマッサージを行い外部からの刺激によって脂肪を燃焼させるといったことでも可能ですが、それには長い時間が掛かりますし、効果としても一時的で維持するためには続ける必要があります。一方で、美容整形術のひとつである脂肪吸引を用いることで太りにくい体質にすることが可能です。脂肪細胞はその数が一定であり栄養を取り込むことで体積が増えるという仕組みになっています。このため、いくら太っていても、痩せていても脂肪細胞そのものの数は変わりありません。また脂肪細胞でも個人差によって太りやすいものとそうでないものがあり、太りやすい人は脂肪細胞が栄養を吸収しやすい性質といえます。脂肪吸引では、脂肪細胞そのものを特殊な装置を使って取り除くため、術後も太りにくい状態にすることが可能です。このため、どんな努力をしても痩せにくい人でもその吸引した部位だけ太りにくい体質にすることができます。脂肪吸引の仕組みとしては、カニューレと呼ばれる細い管を挿入して脂肪を吸い出すというものです。脂肪吸引のメリットは脂肪細胞を除去することができ、特に痩せにくい部位で行うことでその部分を太りにくい状態にすることができます。これらは美容整形クリニックで行っていますが、クリニックによってどのような方法で脂肪吸引を行っているかは異なります。そのため、カウンセリングの際に施術内容を聞いて、自分が納得できる内容のものを受けるようにしましょう。脂肪吸引は心強い味方です。

脂肪を取り除く方法

ドクター

脂肪吸引は美容クリニックで行われる美容整形術のひとつでカニューレと呼ばれる管を挿入して脂肪を吸引するというものです。脂肪吸引の基本はカニューレを挿入して脂肪細胞を吸引することですが、脂肪を吸引しやすくするための方法が異なり最新装置では超音波を使って安全かつ効率よく脂肪吸引が出来るようになっています。

詳細を確認する